現金崇拝について

『エコノミスト』誌11/4号、p.76:

日本の消費者の現金決済率は62%にのぼるが、英国は22%、アメリカ34%、韓国10%、中国50%である。

ということで、日本人の現金志向は根強い。中国も都市部では、個人商店でさえ、キャッシュレス化が激しいらしい。

安全なATMが普及しているから、と書いてあるが、それだけでなく、現金に対する信仰というか、アニミズム的な理由があるような気がする。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック