光るもの

ガラスとか、クリスタルとかを見ると幸福感がある。 なぜなのかわからない。光るものが良いのかもしれない。 過去生でガラス職人だっというシナリオはあり得ない。すごく不器用だから。 左は、毎週、太極拳のあと昼をとる川崎のAntico Caffè Al Avis、一方、右は、ウィーンのホーフブルク宮殿、銀器博物館。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正月の楽しみについて

実は昔から正月が好きではない。良く理由はわからないが、たぶんすべて日本的なことが面倒なのだという気がする。 占い師にも、私だけは家族の中でよそよそしい感じになると言われ(よくわからないのだが、私のみ、違う「系統」の星らしい)、まさにそんな感じがする。しかも、なんの学びが知らないが、私が、生前に選択して、そうなっているらしい。 輪廻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーヒーメーカーについて

コーヒーメーカーをここ10年で、いくつ買い換えただろうか。 枕の数といい勝負かもしれない。今朝、タイガーのコーヒーメーカーが壊れ、コーヒーが、床にこぼれ落ちていた。派手な壊れ方をするものだ。 以前はずっとイタリアのデロンギ社を使っていたが、電気系統に不安があって日本製にした(勝手に通電したりする)。 が、日本製は、遁世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くしゃみの音

くしゃみには、4つの子音、h-k-sh-n が含まれると、どこかの授業中で言ってしまった。私個人の発見、というか、見解である。 しかし、いま、井の頭線の隣席の明大生(と思われる)は、「イークショ!」とくしゃみをした。 īksho だとすれば、語頭の h、語末の nは略されることもある、すなわち、くしゃみは、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本来の地

2年ぶりに、横浜中華街、占いの館へ来てみる。 来年からやっと本来の「地」が出てくる、などと言われる。 えっ、今ごろになってですか? というと、そう、今は、40歳でやっと大人だもの、と女性占い師に諭された。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教養のある店員

2017年8月23日、ローマ、ヴィットーリオヴェネト通りの土産物店。 タトゥーをした若い店員:お客さん、お目が高いね、これはローマで採れる大理石なんだ。ほかの品は全部中国製さ(笑)! 私:へえ、そうなんですか。これ、面白いですよね。あなた、ラテン語知っているんですか? タ:おう、知ってるさ。愛があればすべてうまくい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羅競老師語録

罗竞老师语录 28 撤步反击 chèbùfǎnjī 扇を返すのは「左手」。「大阪名物」のように。 29 进步平刺 jì…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すごいイタリア

「ゼロ」の「発明」はインド人らしいが、「ゼロ」という語の語源は、俗アラビア語 sefer =古典アラビア語 صفر sifr 「空、から」である。 これは、英語のcipher 「暗号、ゼロ」の語源でもある。 この sefer を、イタリア人のフィボナッチが、1228年、違和感があったのか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

免税、たらい回しについて

夏に行ったヨーロッパのことが今頃になっていろいろ思い出される。 29年前、ヒースローでの免税手続きには手こずった。なにかの書類を空港のポストに投函した気がする。 すると、小切手が送られてきたのだが、地元の銀行へ行くと、額面より換金手数料が上回りますが、と言われ、諦めた。 --------------- …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現金崇拝について

『エコノミスト』誌11/4号、p.76: 日本の消費者の現金決済率は62%にのぼるが、英国は22%、アメリカ34%、韓国10%、中国50%である。 ということで、日本人の現金志向は根強い。中国も都市部では、個人商店でさえ、キャッシュレス化が激しいらしい。 安全なATMが普及しているから、と書いてあるが、それだけでなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ学園について

実家の近くに、ジャーマン通りという通りがある。一見、意味不明だが、英語でジャーマンというセンスも変だ。 かつて、この近くに、Deutsche Schule 「ドイツ学園」というドイツ人子弟のための学校があり、小学校と中学生が通っていた(記憶にないが、高校生は居なかったと思う)。 だから、うちの近所にはドイツ人が何十人も住ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホテル・サヴォイ、ローマにて

Albergo Savoy, Via Ludovisi, Roma. チェックアウトで、€100を請求され、なんかおかしいなと思いつつ一度外へ出ると、(よく調べろ!)という心の声がして、引返す。領収書を見るとクリーニング代が二重に請求されている。 私:すみません、これ、二重に請求してませんか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼロについて

アラビア数字というが、あれはインドの数字で、アラビア語ではインド数字と呼ばれている。 左←右へ書くアラビア語も、数字だけはインド式に、左→右である。 「ゼロ」もインドの「発明」というが、どういうことなのか。オックスフォード、ボードレイアン図書館所蔵のインドの写本に「⚪」の形が出てくるらしい。添付画像の黒い丸がそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羅競老師語録

罗竞老师语录 42式 转身摆莲 zhuǎnshēnbǎilián 膝を曲げてもよいから、足の甲を叩く。 だんだんと足を伸ばしてゆく。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーンのデイキャフェについて

英国にもイタリアにもホテルの部屋には、必ずディキャフェのインスタントコーヒーが置いてあったが、ウィーンのホテルにはなくて、不思議だと思っていた。 しかし、街のカフェでは、あらゆる、複雑なコーヒー(芸術歴史博物館のカフェには、"Überstürzter Neumann (大急ぎのノイマン(?))" などというコー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閑居するな

Facito aliquid operis ut ne semper diabolus inveniat occupatum いつも何かするようにしなさい、悪魔がヒマな君を見つけないように。 小人閑居して不善を為す、のローマ版だろう。 ウルガータ訳を作った聖ヒエロニムスの言葉である。聖書を全部訳し、著作も多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下から

ラテン語名言辞典をぱっと開くと、 Dotata mulier virum regit 持参金の多い妻は夫を支配する と出てきて苦笑する。面白いから印をつけてはおいたが、独身の私には関係がない。 日本でも「嫁は下からもらえ」と言われたものだ(これも私には要らない知識)。実家が裕福な嫁は、横暴になり、夫にとっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more