英語とは

ロンドンのパディントン辺りを歩いたが、店でも、駅でも、BBCで話しているような英語を聞くことがない。

そもそも、空港の職員はほとんどすべてインド系で、かなりなまっていた。

われわれの年代は、英米人の発音をなるべく真似したものだが、もうこれからは、われわれも、「日本人の英語」でいいのではないかと思ってしまう。

BBCのニュースは、アメリカの皆既日食の中継を延々とやっているが、解説しにきたロンドン大学の教授もスペイン系で、やはりなまっており、ほとんど、スペイン語のように聞こえてしまう。

ホテル・メルキュールの受付はイタリア人、ダイニングの女性も英語圏ではない。

29年ぶりに、ナイツブリッジのBurberryに行ってみたが、店員はラテン系だ。

ということで、もはや、訛っているという概念もなくなっていくだろう。彼らの英語は、十分「正しい」。英語の2回目のグローバル化である(1回目は大英帝国のとき)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック