会社と大学と

レストランや居酒屋とかで、会社員の集団を見ていると、大声で笑っていて、とても楽しそうに見える、と、昔から思っていた。

会社員から教授に転職した同僚にそう言うと、あれは表面だけだとか、バカ笑いしないとやって居られないからだ、などと答えた。

そうなのだろうか? ほんとうに楽しそうに見える。大学教員があんな楽しそうに連れだつことはあり得ない。基本的に、専門が違っても、全員、ライヴァル同士だ。

大学内で、すれ違う際、博士号の有無、出身大学院、留学のありなし、論文を書いているかどうか、ゼミナールの志望人数ランキング、授業の評判、役職、受賞の有無、マスコミへの露出度、が一瞬でだいたいすべて想起できる。

こんな職場で、親しい友人は絶対にできるはずがなく(外山滋比古教授もそう書いている)、本学だけでなく、どこでも人間関係は、素っ気なく、殺伐としている。ひるがえって、なんと楽しそうな会社員!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック