中国のアレクサンドロス大王について

NHK、「テレビで中国語」で知ったが、中国語の「 压力山大 yā lì shān dà」は、プレッシャーが山のように重い、の意味で、マケドニアのアレクサンドロス大王(亚历山大 yà lì shān dà)と同じ発音だそうだ(声調はやや違う)。

つまり、これは「駄洒落」になる(と思う)。中国人的にはどんな感じなのだろうか。都会の教養ある若者が使う、と ゲストの王阳(王陽)君が言っていた。

「マジ大変、アレクサンダー」では日本語としてはおかしくもなんともない(実際に言ったら、意味不明でかえって可笑しいかもしれないが)。

歴史上の人物で、その発音が日本語とほぼ同じで、まったく別の意味になる人、いるだろうか。今の所思いつかない。




アレクサンドロス大王東征記〈上〉—付インド誌 (岩波文庫)
岩波書店
フラウィオス アッリアノス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アレクサンドロス大王東征記〈上〉—付インド誌 (岩波文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック