マッチョな文化の崩壊のために

画像






私が子どもの頃はお母さんが働いているという子は少なかった。お父さんは働いて、お母さんは洗濯という昔話そのままの世界。野蛮な男社会、マッチョで単純な世界だったと思う。狩猟採集文化だ。


自己実現をしたい女性にはあり得ない社会で、競争の厳しい医師、薬剤師、教員しか女性の選択肢はなかった。さて、いまは多様化し、良い方向へ向かいつつあると思う。


昔話の単純な男社会の型に収まらない人たち(私もそうである)も生きやすくなりつつある。しかし、大学と大企業は化石のままだ。4年で卒業、新卒を珍重するのは変わっていない。金太郎飴製造工場である。

産休も育休も歓迎されない。少子化になるのは当たり前だ。手間はかかっても大学は柔軟になり、マッチョで野蛮な企業文化は変えなくてはならない。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック