神のせいにする宗教

Nihil in speciem fallacius quam prava relligio, ubi deorum numen prartenditur sceleribus.

犯罪が神々の意志だと正当化されるインチキな宗教ほど、悪党の顔をしたものはない


と、リーウィウスが、紀元前、すでにこんなことを書いている。十字軍、神の名を借りたテロリズム、七生報国、すべてここに入るだろう。神が殺せ、壊せ、というはずがない。そろそろ、人類もローマの知恵に気づいてよいころではないのか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック