おみくじの解釈

今年になって、3人からおみくじの解釈を依頼される。授業でも言っているが、最初の和歌の解釈がすべてである。下の方の、待ち人、縁談とかは細かすぎて、参考程度にしかならない。まあ、私は過去生で陰陽師として「審神者(さにわ)」をやっていたらしいので、解釈は得意なはずだ(たぶん)。

和歌も、風が吹く、おさまる、雨が降る、ほととぎすが来る、といった一定のパターンがあるので、慣れれば、誰にでも、神仏のメッセージは明らかになるだろう。しかし、ある程度の霊感のようなものも必要だと思う。霊能者がつかうタロットカードは、そのカードの意味ではなく、自分が感じたメッセージを語るのと同じかもしれない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック