木型

仕事用の靴は茶二足、黒二足、プライヴェート用に茶一足しかない。五足というのは最低限だろう。この時期、ローテンションが厳しい。ダークブラウンがあと一足はほしい。

輸入物はデサインはよいのだが、値段がひどい。同僚は、そのため、海外に行くたび、何足も大量に買い込んでくるという。成田で関税はかからないのだろうか。

それはともかく、一度木型を作ってぴったり合う靴を作ってみたい(今は亡き伯母は銀座ワシントン靴店で作っていた)。シャツやスーツは採寸して作るのに、靴がいいかげんでいいのか、と、思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック