休みについて

昨日、四人しかいないクラスで、野球部の学生が、大学教授って、生活が謎ですよね、何曜日に来てるんですか? と言った。

月水金、と答えると、えっ、あとは休みですか!と言う。

確かに火木土日曜日、授業はない。 しかし、ほんとうに休んでいるわけではない。今日は太極拳のレッスンがあったが、これも、きちんと授業ができるようにするための心身の鍛錬である。しかも、そのあとに、大学院研究科の会議があった。

そのあと、東急東横店地下で、「ブリ大根」を夜のお菜に買ってきたが、ブリが珍しくたくさん入っていた。去年、別の店で買った時、ほとんど大根だけだったので、思わず、店員に、これって、魚料理じゃないんですか?と聞いてしまったほどだ。

しかし、この料理の主役は、言語学的に言って、大根である。草野球の主役は野球、英和辞典の主役は辞典、東大野球部の主役が野球部であるのと同じである。

このように、買い物をしながらでも、つねに言葉について考えている。頭は休んでいない、と言いたい。会社員が、ショッピングの時に会社の仕事について思いを巡らすだろうか。取締役などに出世する人は巡らせているかもしれないが。



春主役 野原種苗の春大根です
野原種苗

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 春主役 野原種苗の春大根です の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック