外国語の聴き取りについて

カフェとか、バス停で、となりに来た外国人の言葉を当てるのが趣味、というか、どうしても当てようとしてしまう。

昔、隣のテーブルのブロンド夫妻の会話を盗み聞きし、日本語と同じ高低アクセントであることがわかった。北欧語に違いない。しかし、スェーデン、デンマーク、ノルウェー語の区別はできない。そこで、英語で、北欧の方ですか?ときくと、ノルウェー人だと答えた。

いまバス停の右にいる女性ふたりは、西洋人ぽい骨格で黒髪である。一言も聞き取れない。ときどき訛りの強い英語が混じるが、これは、他人の英語を引用しているらしい。ヨーロッパの言語なら、私の知らない言語でも、借用語があるので、なんとなくわかるものだが、それもない。すると、非印欧語の可能性が高い。

よくみるとインドネシア人あたりかもしれないと思われてくる。インドヨーロッパ語族でなければ、聞き取れなくても仕方がない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック