勲章の親授式について

これはエリザベス女王が男を罰しているわけではない。

勲章を親受する際の儀式で、ひざまずいた「臣下」に対して、剣を両肩に当てるのである (左右の順番は忘れた) 。封建制の名残だろう。その後で、女王が自ら、勲章をこの人につけ、一言なにか話すこともあるという。画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック