陶磁器


陶磁器の話。Wedgewood は丈夫でいい・・・落としても、これまでのところ、割れたことがない。ハンガリーのヘレンドなどは繊細過ぎて、貴婦人しか使えないだろう・・・すぐひびがはいってしまう。。。

マイセンが好きな人が多いけれども、どうもあの中国陶器をまねたような薄青色が好きになれないし、なによりも、高価だ。

いつか旧伯爵家の家に、一人だけ研究会の帰途に招かれたところ、出てきたティーカップは大倉陶器であった。なんとなく皇族たちも、日本製を使っているような気がする・・・

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック