小道具に驚く

NHK教育のオペラ紹介番組を視る。

マツコ・デラックスが出ていることからわかるように音楽番組ではなく、男女問題のトークショウである。

驚いたのは、夏木マリが歌劇の筋を説明する部屋のセットで、なんと、ウェッジウッドの最も高い茶器を使っていた。ティーポットなどは、たしか5、60万円するはずである。

しかし椅子は、予算がなくなったせいか、偽物のアンティークであった。そのウェッジウッドは、トンキンブラックというシリーズである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック