テーマ:言語

軽々に

私は揚げ足取りは好きではないが、受信料が高いので、書きたい。 NHKのラジオニュースのアナウンサーが、 横綱の進退は「軽々に」論じてはならないと、 を「かるがるに」と読んでいた。「けいけいに」が正しい。一方、「軽々と」であれば、当然「かるがると」である。日本語の表記は世界一難しい。 本来、私は、言語に正しいも間違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ男はキャーといわないか

私は昔から、女性がキャーと叫び、男は絶対にキャーとは言わない理由を考えてきた。すると、今日、NHKの「解体新ショー」で、キャーという声は、周波数の変化が大きく、音声学上、耳によく聞こえるからである、という説明があった。しかし、どうも本質的な説明ではない。 私が知りたいのは、むしろ社会学的な説明である。猿はキャーとは言わない、ことが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本車と芦屋について

オランダでは、目を凝らして歩いたが、日本車は十台に一台あるかないか、というレヴェルであった。やはりドイツ車が圧倒的に多い。英国では日本車が多かったので、意外だが、まさか、インドネシアから日本軍に追い出され、プランテーションから搾取した収入がなくなったことを恨んでいるのではあるまい。 一方、アメリカでは、地域差もあると思うが、日本車…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

しっくりくるイタリア人は1人

オランダには多くのイタリア人学生がいて、いつもイタリア語で話し、群れていた。私はイタリア語を学んだときが一番これまでで楽しく、相性のいい言語だと思っているが、本場の?イタリア人とはどうもしっくりこなかった。 イタリア語のできる東洋人は珍しいので、日本(というよりアニメ)に興味のあるイタリア人とはよくイタリア語で話したが、日本に興味…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本が一番(3)

How are you doing today? とアメリカの店では、カフェでもCDショップでも、店員に声をかけられる。未だに、このセールストークの本当に意味するところは不明だ。これに対して、いまのところ、Fine などと答えているが、いったいこの会話に何の意味があるのか、と思う。うっとうしくて仕方がない。 日本が一番で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダの悲劇について

オランダ人教員たちと偶然中華料理屋でいっしょになる。ふと見ると日本人二人を含む学生たちもいるが、彼らも偶然落ち合ったという。 ひとつの大きなテーブルに座っているので、私ははじめから支払いのことが気になっていた。こういう場合、日本では、教員たちが学生の分は支払うのが当然である。教授同士が領収書の奪い合い、という喜劇も見られる楽しみが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語の微妙な位置について

さすがに鎖国時代、往来があっただけあって、オランダの大学のコンピュータールームでは、日本語入力ができる。最初は読めるだけかと思ったら、書けることもわかった。 町には、ときどき、芭蕉の俳句を大きく壁に書いた不思議な建物があったりする。ここには世界各地からの学生がいるが、専攻は日本語ではないのに、ちょっとした日本語を知っている、という…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オランダ語語源辞典

待ちに待ったオランダ語語源辞典が届く。記述はオランダ語だが、対応語は、ドイツ語、英語がたいていあがっているので、見当はつけられる。 まず調べたのは、uit という前置詞である。Ik ben uit Tokyo, のように使うが、「出身」というのは、ドイツ語の aus とかイタリア語の di に相当する。形がどうも不思議だと思ったら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

語源を詮索する宿痾

オランダ語語源辞典を Amazon.de に発注する。他の言語から類推できない語の成り立ちが気になってしかたがないのだ。例えば、zijn はドイツ語の sein だと分かるし、raam 「窓」もドイツ語 Rahmen 「枠」だろうと見当がつくが、wedstrijd 試合 はなんだかわからないので、気になる。英語の strife とは語…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オランダ語について

よく実体をしらずに オランダ語は英語とドイツ語を足して2で割ったような言語です、などと学部時代の授業で聞いた台詞を繰り返していた。が、実際オランダ語を学んでみると(独学であるが)、真ん中ではなく、かなり英語の方に近い。道理でオランダ人が英語をぺらぺら話せるわけである。 まず、名詞・形容詞に男性形、女性形がない。英語と同じく、複数の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語が話せるのを隠す功徳

ウエンツ瑛士とかジョナサン・シーガーとか、英語が話せないことを売りにしているタレントがいるが、どうもあやしいと思っている。実は話せるのではないか、と。 というのは、この二人が、まれにではあるが、西洋語的な発音と、まではいかないのだが、西洋語的な気配、というか、一瞬の西洋語的なニュアンスを垣間見せることがあるのだ。単に、日本語が舌足…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

美・容「院」

美容院にいく。美・容「院」とは不思議な名詞である。学士院、芸術院、大学院、などと同じ語構造だが、あまりに内実は異なっている。そして私が「美容」とは縁遠いのも気になる。 いつも担当してくれる店長に、実年齢を言うと、驚いて9,10歳若いと思っていました、と世辞を言う。10歳若かったら、教授でなく講師だ。しかし悪い気はしない。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

外国語

画像は横向きになってしまっているが、本来は縦書きの美しい満州語である。まだ全然読めないが いつか読みたいと思って学習書は買ってある。そういう言語がまだいくつもある。とても寿命がたりない。 もっとも読めただけでは どうしようもないのだが、趣味としてなら許されるだろう。仕事に使えるだけの語学力というのはせいぜい1,2カ語に限ら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

妙な名前の若者たち

最近の学生の名前はほんとうに変わっている。知り合いの編集者の観察結果によると 変な名前の若者・子どもほど犯罪被害に遭いやすいという。三面記事を読むと なるほど、と思われる。 豪留(ごうる)などという男子学生も最近見かけたが 親の教養も限りなくゼロに近くなっているらしい。日本語でないのも醜い。 被害者は名前を選べない子どもであ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

月謝とイタリア語とフランス語について

イタリアの雑誌を定期購読する。イタリア人にイタリア語を今現在習っていないので イタリア語を忘れないためである。 フランス語も 週刊の Le Monde を購読していたせいか 6年ぶりのフランス人の授業を どうにか聞き取り応答することができた。ただし とても全部読んでいたわけではなく 上智大名誉教授の渡部昇一先生の忠告に従って 好き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あげようか?

ガムあげようか? と電車で隣の小学生が 友人に言う。 うん、と答えると、はい、上げた、といって ガムを頭上に上げた。 思わず 鼻で笑ってしまい 当人に感づかれる。非常に原始的な笑いが 懐かしく 一本取られた という感じであった。 しかし 考えてみると 「あげる」 も 「上げる」も語源は同じである。「差し上げる 」、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アメリカ(5)

道路に立て看板があって 2 BDRMS $799Mo と書いてある。アパートの宣伝であるが 問題は 前半の BDRMS である。もしかしたら Sがなくて BDRM だったかも知れない。いづれにしても 母音が省略されている。もちろん 月の家賃が799ドルで 2 bedrooms の意味である。 世界には ふつう母音を表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

''Nudeltopf,,

NHK今日の料理で パスタ特集をやっている。今日は 長蛇の列の落合シェフであった。それはいいとして みな(あたりまえだが)パスタを専用の鍋?で 茹でている。じつは 地元の店で あの鍋を見つけて 気になっていたのだが いつのまにか 売れてしまっていた。テレビで見たのでいっそう気になり 今日 デパートで Nudeltopf を買ってしまう。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more