テーマ:スピリチュアル

本来の地

2年ぶりに、横浜中華街、占いの館へ来てみる。 来年からやっと本来の「地」が出てくる、などと言われる。 えっ、今ごろになってですか? というと、そう、今は、40歳でやっと大人だもの、と女性占い師に諭された。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

場の波動

数年前、アメリカのミーディアムに、wash your walls 壁を洗えば気力が出てくる、と言われた。 洗うと言うと変だが、壁を水拭きすることである。壁には、自分の、また、家族のネガティヴな思念とか、ため息、怒り、焦り、苛立ちなどいろいろとこびりついている。 小学、中学でさんざん雑巾がけをやらされたのに、それ以来、忘れてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"concotion"

朝方、まだ半分寝ているとき、concoción 、concotion というような語が突然頭に降ってくる。 調べるが、英語、フランス語、スペイン語どの辞書にもない。 ときどきこういうことがあるが、もやもやする。そもそも、私自身が使ったことがない。 しかし、概して、寝覚めどきの夢や、言葉、映像は、人生のヒントに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥のフンについて

鳥のフンが落ちてきて、運気が上がったというゼミ生が2人もいた。 調べてみると、どうも、たしかに、そういうことがあるらしい。 http://spi-con.com/omen-of-good-luck/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓(参り)不要論について

盂蘭盆会(うらぼんえ)。サンスクリットの ullambana < ud + √lamb 「逆さに吊るす」だが、それ以上の説明はどこにもない。なぜ逆さに吊るすのがお盆なのか。だいたい、インドに先祖供養という発想はなく、お盆は神道の先祖供養を仏教がうまく取り込んだものだ。 そもそも、輪廻転生のインドに墓なんかはない。「私のお墓の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自分に正直」

Veritas liberabit vos. αλήθεια ελευθερώσει υμάς (Giovanni 8:32) 真理はあなたたちを自由にするだろう。 ヨハネによる福音書の名言である。昨日のゼミナールでは、ギリシャ語が出てこなくて恥をかいた。 一見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メッセージについて

You'll have a beaming smile after a cup of coffee. コーヒを一杯飲めば、にっこりと笑えます と目の前のおじさんのトートバッグに書いてある。このおじさんがこれを理解しているとは思えない。 しかし、メッセージとは、こういう感じでもたらされることが多い。ふと目に止まった本、広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パワフルなヒーラー

昨日のクラスの睡眠率は恐ろしいほどで、あえて数えなかった。 70%は超えていたと思う。ある最前列の男子は首が完全に90°になっており、頚椎損傷になるんじゃないかと心配で仕方がなかった。 イエス・キリストも、「マタイ伝」26章を読むとわかるが、弟子に3回も居眠りされてしまっている。まして、私のような凡人なら寝られても仕方がない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やる気を出さなくてよいこと

「やる気を出さなくてはいけないのは、あなたがやりたくないことをやっているからです。むしろ、『やる気』を出す必要のないことを見つけることが大事なのです。」 (奥平亜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火気厳禁について

国会に出される法案とも関係があるらしいのだが、研究室の喫煙が禁止されるらしい(私はもう吸わないが)。これは、喫煙者が退職したあと、新しい教員が入ると、臭くて使えなかったり、茶色に変色した壁のクリーニングのための費用がかかるせいらしい。 驚いたことに、タバコだけでなく、火気厳禁ということで、香を焚いてもだめだという。役職者の間では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自・他の問題

家で太極拳の練習をしていて、身体を大きく動かすと、ヴェランダの風景が一変する。 視界180度が大きく下がる。当たり前だが、示唆的である。自・他の問題。周りを変えることはできないから、自分が変わるしかない、と思う。 自分が動かずに、風景全体、街全体を下に沈めることは不可能だ。当然だが、つい忘れてしまう。ネガティヴなことばかり言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

方角について

最近、毎月のように中華街に行っている。 用事はとくにない(関帝廟とかには必ず参拝するが)。洒落たカフェもなくはない。たぶん方角にもエネルギーがあって、自然に惹かれてしまうのだろう。 しかし、今年の吉方位とか、特に凶方位とか、方位に吉兆があるというのはまったくのナンセンスで信じられない。 しかし、なんとなく心地よいエネル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区切りなのか運勢なのか

年の運、という。「年」は地球が太陽の周りを一回回る公転周期である。そんなぐるっと回るだけの規則的なものが、数十億人の複雑な「運命」に影響するはずがない。 まして、月の運なんていうのはナンセンス極まりない、と思う。禅宗の高僧も、公転と運に関係はない、と言い切っている(その僧侶の寺で、今年の運勢とかが書かれたなんとか暦が販売されていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの世、「ご冥福」について

死んだら無になる、あの世はない、と思っている男子が最低3人いることがわかった。 この世しかないというのは、ちょっと恐ろしい、というか、私とっては、あの世がないと困る。「ご冥福を祈る」というのは、あの世の幸福を祈るということだが、あの世がないと思っている人はこの表現が使えないはずだ。しかし、世間ではもれなくみんな使っているような気が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追い出しコンサートについて

昨晩はゼミナールの追いコン(追い出しコンサート)だったが、歌舞音曲は一切なく、しめやかに行われた。昭和天皇が崩御されたとき、官房長官か誰かが、歌舞音曲は控えめに的なことを公的な場で言っていた。かなりの反発があったが、お笑いとかの番組もなくなったのではなかったか。少し行き過ぎだと感じた。故人もそういう状況は望んでいなかったと思う(たぶん)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「タショウノエン」について

最近、何人も誤解している人に会った:「袖振り合うも他生(多生)の縁」。 「多少」ではない。勘違いの原因は二つある。まず「多少」と「他生」のアクセントが標準語では同じで、しかも意味が通ってしまう。第2に、この理由の方が重いのだが、輪廻転生を信じていない人が多いことである。 「多生(他生)の縁」とは、過去生の縁、つまり、過去生で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わたしは建物や土地のエネルギーに敏感だが(と、英国人のミーディアムに言われた)、通りをバスで走っていても、不思議なことに、ある区間だけエネルギーが悪いことがある。 この建物から始まって、この辺りで終わる、とだいたい分かる。その部分は、テナントも入っていないことが多いし、政治家の事務所があっても、落選中だったりする。 実は、校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祓いと清めについて

台風は浄化である。 風で祓い、雨で清める。列島はこうして何十万年も清められてきた。しかも、日本人は毎日入浴する(ヨーロッパ人の家でバスタブを見ると、ぜんぜん使ったあとがないのが普通である)。入浴も日々の浄化だ。 トイレの後、手を洗う。本気でゴシゴシ洗っている人は少ない。本気で消毒したいなら爪の中、指の間、手のひらと数分はかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メチニコフ教授

メチニコフ Мечников 教授。ブルガリア人がヨーグルトを食べるせいで長寿なのではないかと初めて言った学者である。ヨーグルト会社は足を向けて寝られないはずだ。 亡父にとてもよく似ていて驚く。某ミーディアムとのセッションで、ジョセフ・リスター教授の後ろに登場してきてくれた。ユダヤ系ウクライナ人で、フランスに暮らした。著書もフラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恩寵について

最近気付き始めたのだが、恩寵は分析できない。 寺社などに参詣し、「当病平癒」などを祈願する。すると、良い医師や鍼灸師と偶然のように出会ったり、新たな薬が劇的に効いたりする。サイトで有益な情報へ導かれる。特に理由なく気分が明るくなる。 これらはみんな神仏の介入だと思うが、どこまでが神仏の力なのか、分析できないという特徴がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲーテの霊

毎年、一年生にはゲーテの名言集の英訳をテクストに使っている。 数年前のこと、試験の数日前に、「ゲーテの野郎、名言なんて残すなよ」という名言ツイートがあった。今年は、それを上回る、ツイートではないが、本当の「つぶやき」が試験教室で聞こえてきて腹筋が痛くなるほど笑った。 曰く、「ゲーテの霊が降りてくれば満点がとれる」と。たしかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雷と憑依

雷は上から勝手に落ちてくると思うと、そうではない。地面から「お迎え放電」というのが上がっていって、そこへ上から雷が導かれて落ちるらしい。 それと似ているのだが、霊に憑依されちゃったかな、などと騒ぐ人がいる。これも、勝手に憑依されるのではなく、その人が低い波動を発しているから、そこへ霊が引き寄せられてしまうというのが実情だ。原因はこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姉がいる! 私の周りの男子には姉がいる人が多い、ないし、少なくとも妹がいる。 男兄弟しかいない男子もわずかにいるが、姉のいる男子ほど、私とはしっくりいかない気がする。 私に姉はいない、たぶん。というのは、何人もの霊能者(ミーディアム)にお姉さんがいますね?と言われるからだ。どこかにいるのかもしれない(水子とか)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上漢方はり療院

明大前、村上漢方はり療院。 私:ぎっくり腰で。。 村上先生:まあ、昨日は人の身、今日は我が身。何があるかわからないですなあ。 私:はあ。実はここがお休みでしたので、別のところへ行ったんですが、効かなくて。 村:あー、そうですか? 恵比寿でやってるところですかな? 私:えっ、すごいですね、なんで分かるんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっちゃえ!

京王プラザで行われたカード会社のバーゲンで作ったスーツの肩パッドが大きすぎる。 我慢していたが、やはり大きすぎる。フォルムが歪むほど大きい。 業者は伊勢丹なのだが、メンズ館5階へ行けと言われる。あれ! バーゲン会場の店員と全然違う。聞くと、会場には社員ではなく、生地の職人が行かされるらしい。 話は変わるが、チャールズ皇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言葉がないから

ペットがもし言葉を話したらこんなに愛玩されうるだろうか、と考える。 尻尾を振って迎えに出てきたわんこが、仮に「お腹すいたー」と言ったら、えっ、嬉しくて私を出迎えたんじゃないのか、と思ってしまうだろう。 まして、にゃんこの場合は、言葉を聞くのも恐ろしい。だまっているから愛されるのだと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特定する

霊を信じない人は多いが、有能なミーディアムが、霊界から伝わってくる、その人しか知らない情報を言えば、一発で改心するだろう。 しかし凡庸なミーディアムではだめで、2番目の引き出しに十字架置いてますねとか、お爺さんが、最近、夜甘いもの食べてると言ってますという、細かいレヴェルでなくてはならないだろう。そんな、自分しかしらないことを言わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

服装→肉体→たましいという流れ

スーパー銭湯などに行くと、もちろんみんな服を着ていないわけだが、その場合、裸体しか問題とならず、脱衣する前、どんな服を着ていたかは意味を持たない。 ヴェルサーチだろうとアルマーニだろうと、それはロッカーの中にあり、いま、目の前の裸体とは無関係だ。肉体だけの勝負になる。 では、その肉体の中、というか、肉体を包むたましいはどうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検索しましたね?

私は地獄耳である(と言われることがある)。 宅配クリーニングのお兄さん(見た目40、実年齢50)が、やけに「上村さん、上村さん」と、名前を言うなあ、と思っていたら、前回、じゃあ、「「上村先生」24日でいいですか?」と言った。 「先生」の語尾はかなりぼやけていたが、十数カ国語のリスニングで鍛えた私の耳はごまかせない。絶対に「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縁のある数字

誰にでも縁のある数字というものがある。私の場合は28である。 ふと見ると、ガード下2.8m、車のナンバー2828とか。 いまバスのナンバーをぼーっと見ていたら、2356だったが、2×(3+5+6)=28 となる。とだんだん間接的に出現するようになるものである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more