テーマ:スピリチュアリズム

エピクロスと引き寄せの法則

エピクロス。「すでに所有しているものを、まだ所有していないものへの欲求でぶち壊すべきではない。今、所有しているものも、欲求の一部分だったと思うべきだ。」 直訳はわかりにくいが、要するに、引き寄せの法則と同じである。今持っているものに感謝しないと、絶対により良いものは手に入らない、と言われる。 しかし、より良いものを求めつつ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Bibliothe'que Capucins Toulouse

フランス、トゥールーズのカプチン修道院の図書館から売り出された、アラン・カルデック『霊の書』。注文した時、出所は分からなかった。図書館の売却本はけっこう多いのだが、いろいろな人の手に触れたと思うとあまり気持ちの良いものではない。しかし、本書は静かな修道院でひっそりと読まれずにいたオーラを出していて、素晴らしい。およそ読まれた形跡がない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まず心を

Aliubi positas esse divitias quam quo congeruntur; animum impleri debere, non arcum. 富は蓄えられているところとは別の場所にある。金庫ではなく、心を満たす必要がある。 というのは、引き寄せ本にも書いてあることだ。まず精神を豊かにしないと本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非人格的なのかどうか

引き寄せの法則。みんな密かに読んでいて、人には言わないと思う。それはともかく、悩んでいるのは、ロンダ・バーンたちが書いているように、引き寄せは、万有引力の法則と同じで、例外のない、非人格的な法則なのかということだ(豚が一頭だけ空中に浮くことはない、とロンダも書いている)。 スピリチュアリズムもからんでいる本なので、指導霊とか、補助…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒーリングだった

いままで、授業が終わって研究室へ戻ると、急激に眠くなることがあった。 原因がわからなかったのたが、あるミーディアムのセッションを受けていると、私からヒーリングのエネルギーが学生へ放たれているのだが、同時に私も癒されている、と霊視した。なるほど。ヒーリングを受けると眠くなる人が多いものである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お姉さんについて

前にも書いたが気がするが、気の合う人は、年齢にも、セクシュアリティーにもかかわりなく、姉のいる男子ばかりになっている。そういう男子は女子力が高いということもある。よく気がつくのでいっしょにいて感じが良い。 しかし、それだけではない気がする。が、どうも理由がよくわからない。雰囲気なのか。たしかに柔らかい感じ。話もよく合う(単に私へ合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足りない

ホラーティウスが、 multa petendibus desunt multa 何でもかんでも足りない、足りないと言っている連中は、ほんとうになんでもかんでも足りなくなるものだ と言っている。 これは、law of attraction 引き寄せの法則的に正しい。すでに足りている、と観ずるのが正しい。とはいうものの、心の底から、ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すべての座、か、万物の座、なのか

最近、覚醒するかしないかという時、文や語が浮かぶ、というか、離れない。 最近では、ヴァザーリ、omnia sedes とか、今朝は、神はすべてのものに顕在する、ないし、潜在する、だった。 解釈がむずかしいときがある。霊界からのメッセージだとありがたくいただくが。面白いのは、半分寝ながら、夢のように、omnia でなくて、om…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマタノオロチよりすごい

鍼灸院に行くと、院長の手から、いつにも増して暖かいエネルギーを感じる。エネルギーが出てますね、と言うと、われわれ鍼灸師の手からは気が出る、そして、目がついている、10個の目だから、ヤマタノオロチよりすごい、と答えた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おみくじの解釈

今年になって、3人からおみくじの解釈を依頼される。授業でも言っているが、最初の和歌の解釈がすべてである。下の方の、待ち人、縁談とかは細かすぎて、参考程度にしかならない。まあ、私は過去生で陰陽師として「審神者(さにわ)」をやっていたらしいので、解釈は得意なはずだ(たぶん)。 和歌も、風が吹く、おさまる、雨が降る、ほととぎすが来る、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むずかしくもない毎日

絶賛在庫中です(笑)! http://www.amazon.co.jp/gp/product/4903792412?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-978490…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神仏へ賽銭を投げつける

寺社で賽銭を放り投げている人たち。要するに、見えないものへの畏敬がなくなったのだと思う。目の前に人がいたら、貨幣をその人に投げないはずだ。見えない神仏へは、放り投げて平気である。気の毒だが、こんな人びとの願い事は叶わないだろう。 見えないから居ない、ない、という唯物的な考えはもう叩きこわす必要がある。お天道様が見ている、という世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イメージ

フジ子・ヘミングが、ピアノはイメージがすべて、と言い、 私の太極拳の老師、羅競先生は、太極拳はイメージ、と言う。どういうことなのかは、まだ、深すぎて分からない。 もちろん、ピアノを始めたばかりの人にとって、イメージもなにもないと思う。技巧が完成したとき、イメージが重要となるのだろう。しかし、フジ子が、重要ではなく、すべて、と言って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神のせいにする宗教

Nihil in speciem fallacius quam prava relligio, ubi deorum numen prartenditur sceleribus. 犯罪が神々の意志だと正当化されるインチキな宗教ほど、悪党の顔をしたものはない と、リーウィウスが、紀元前、すでにこんなことを書いている。十字…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒーラーとしてのイエズス

聖書は卒論の資料として使って以来、けっこう断片的には読んでいる。ただし、言語学的に。 きのう、初めて、読み物としてマッテオの福音書を読み始めたが、今の私に興味深いのは、イエズスのすごいヒーラーぶりだ。 さわっただけで、また、手を伸ばせ、と言っただけで癒している。極端な場合、女がイエズスの衣にさわっただけでヒーリングされている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「男子=のび太」説

駅の地下街を通ると、ドラえもんが、微笑みながら、涙を流してのび太を見ている原画が展示されていて、泣けてくる。これだけロングセラーになるということは、結局、ほとんどの男子は「のび太」だからではないだろうか。 たいていの男子は、特別な才能もないし容姿もパッとしない。私など「のび太」中の「のび太」だ。ドラえもんは、親、友人知人、本、不思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去生のスペイン人

10年以上、非常勤講師室で隣のソファーに座っている、Eugenio エウヘニオというスペイン語講師は、ぜったい過去生でつながりがある、と確信しているのだが(なぜかと言われても分からない)、話す機会がない。よく会いますね、では、そうですね、で終わってしまうだろう。続かない。 スペイン語は未来形の前でやめてしまったので、たぶん、意思疎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"Desiderata"

大学に入学すると、「イングリッシュ・スキルズ」という授業で、N神父という教授に、紙一枚を渡され、暗記しなさい、と言われた。また、各自、朗読・録音し、発音、イントネーションなどを一人一人直してくれた。タイトルは Desiderata 望まれるべきこと、である。かなりむずかしい英語で、なかなか覚えるのに苦労したが、若かったのでどうに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1つのたましい

アリストテレースが、友とは、二つの肉体に宿る一つのたましいである、と定義している。スピリチュアル的にいうと、ツインソウルだろうか。同じ類魂から分かれ出てきたたましい。こんなことは稀である。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぎとぎとに

どうも、スナフキン(正確にはよく知らないが)のように無欲で、世俗的なことに関心が薄いように思われてきた。中学生からずっとそうだ。死に物狂いで何かすることはない、我が道を行く的な、無欲な変わり者という感じなんだろう。 その証拠に、私が世俗的なことに本気を出すと、とたんに周りが驚いて態度を豹変させる。大学の体育のクラスで、私がバッター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星とハート

Julia Cameron, Walking in this world という啓発本を、ゼミナール合宿のワークショップの準備にめくっていたら、ハート二つと、星一つの小さな金属がはさまっていた。不思議である。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マントラ

ヒーリング、除霊によく効くというマントラを習った。のではあるが、意味が通じない部分があるので、検索してみると、テクストに少なくとも3種類ある。とれが正しいのか。 मृत्यु मृत्यु…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引き寄せの法則

カフェの空席程度ならば、ほぼ、100%引き寄せられるようになったが、ずっと心を支配しているのは、the law of attraction に霊が関与しているのか、あるいは、万有引力の法則のように、無機質なものなのか、という疑問である。 どの引き寄せ本を読んでも、感謝せよと書いてある。しかし、万有引力に感謝する人はいないだろう。相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知っているのか

同僚のアメリカ人(62、3歳)が某国で客死したのだが、葬儀をアレンジした別の同僚アメリカ人によると、故人は、葬儀の参列者は黒でなく、白い服なのがよい、とか、ヒマワリを飾るのがよいなどと言っていた、という。 そんなことを生前言っていたとは、死が近づくのを感じ取っていたのか、と思う。われわれは、潜在意識で死期を知っている、というのが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去生

過去生。「オーラの泉」という番組でも、江原啓之は「夢物語」として聞いてください、と過去生の話をしていた。実は夢などではなく実在したはずだろう。マスコミ対策的に、スピリチュアリズムそのものの事実は堂々と公言しなかったのだと思う。 過去生で同じ寺にいた兄弟弟子とか、私の稚児だった、というような人が何人か判明しているが、その人と会うと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引き寄せの法則

伝染病が流行すると、マスコミはそのウイルスの顕微鏡写真を必ず流す(インフルエンザ、エイズ、ノロウィルス等)。止めたらどうなのか。見ても意味がわからないし、医師以外の人が見ても意味がない、いや、医師にとっても意味はない(すでに知っているだろうから)。 大衆を恐れさせると、その恐怖は、地球規模で広まり、伝染しやすい波動を作ると思う(引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冥・福の意味

ご冥福をお祈りします、などと簡単に、記号のように言っている。 冥福とは何か。「冥」は、「暗い」が原義だが、死後の世界、霊界のことである。霊界での幸福を祈る、という意味が分かっているのだろうか。つまり、ご冥福と言ったとたん、私は死後の世界、霊界の存在、肉体の死後、たましいの存続を認めます、ということになるのである。気安く使っていいは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆転

じっと観察していると、どうみても、過去生では、夫婦が逆転していたな、と確信できるカップルは多い。芸能人でいうと、高島忠夫・寿美花代とかがそうではないかと思う。兄弟、夫婦、親子などが入れ替わることは、スピリチュアリズムではよく指摘されることである。私は、太極拳の師弟の入れ替わりを経験しつつある(過去生の弟弟子が今の師匠;もちろん、そんなこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大・地

太極拳の羅競老師は、大地からエネルギーを足からもらい、足からはエネルギーを大地へ発すると言う。 オペラ歌手も、大地から声をもらうと言っていた(誰だか忘れたが)。ともにイメージのレヴェルだと思うが、エネルギーは大地なのか、やはり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more