テーマ:イタリア

どの都市にいくべきか

iPhoneアプリで、伊中・中伊辞典を買って遊んでいる。「エスプレッソ」は「蒸留珈琲」(蒸馏咖啡)というらしい。 イタリアでは、エスプレッソとは言わず、caffè といえば、デフォルトでエスプレッソがでてくるらしい(と聞いた)。早く行ってそれを確かめてみたい。しかし、19世紀、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本場の「ローマ」字

すべてのイタリア人がそうかどうかわからないが、少なくとも、私の知っている 3、4人はみんな、大文字で書く。ローマ字だから、まさに彼らの字、本場のローマ字だ(ナポリ人もいるが)。そして、たしかに、ローマ時代は大文字しかなかった。しかし、どういうわけか、" I "だけは、大文字で書いても、上に点を打つのは面白い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

caffe'

うちに来た男子は、エスプレッソはどうですかと言うと、断るか、出しても、残す。 なんて子どもなんだ、イタリアでは、コーヒー(caffè)と言えば「エスプレッソ」が出てくるのに、どうするんだ、そんなことではフィレンツェにもヴェネーツィアにも行けないぞ、と言いたいところなのだが黙っている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あるのに借りてくる

イタリア語の「少年」ragazzo が、アラビア語 رَقّاص raqqāS からの借用と知って驚く。こんな日常語彙が借用なのだ。英語 boy の語源はわかっていないのも、不思議である。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローマ、ローマ字について

中国語の e は「エ」と言ってはいけないらしい。では何故 e と表記しているのかと思うが、この文字が一番近いのだろう(しかし同じではない)。日本語でも、「です」は、desu 、と表記するしかないが、語末の u は、標準語ではほとんど発音されない(関西ではきちんと発音している)。 要するに、これらは「ローマ字」だから生じる問題なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウニがハリネズミであることについて

イタリア語講師の Giovanni と食べ物の話になり、riccio di mare のパスタが美味しい、ナポリの海でよく捕獲したと言った。「ウニ」だろうと見当はついたが、riccio はハリネズミだ。 英語の sea urchin も同じである。しかも、urchin も riccio も、最終的には、両方とも、ラテン語 eric…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都市伝説

イタリア語で「都市伝説」を leggenda metropolitana ということを昨日知った。英語でなんというのかは知らない。ナポリ人の Giovanni によると、ドーベルマンという犬は唯一、飼い主を襲うことがあるという。 それは、この犬が成長すると、脳に比べて頭蓋骨の大きさが追いつかないからだそうだが、解剖学的にそんな間抜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権力者の判決

<> イタリア語講師の Giovanni によると、イタリアには、権力者の判決と、非権力者の判決があるという。例えば、17歳の少女と関係したベルルスコーニ元大統領は、2年の奉仕活動(1日3時間、老人の話し相手をする)の刑だったそうだが、一般人なら懲役刑だっただろうという。おかしな国だと自分で言っていた。政治資金をめぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

per via anale

イタリア語の授業はここのところ、薬局、薬の話になっている。サヴァイヴァルイタリアンである。 きょうは、講師の Giovanni が、イタリアでは大人もよく処方されるけれども、日本ではもっぱら子どもらしいね、といって、PCの画像を見せた。座薬であった。そして、ホワイトボードに per via anale と、なぜか一行ではなく、三行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナポリのコーヒー

イタリア語講師の Giovanni が、ナポリのコーヒーは世界一美味だと言われている、ピッツァも有名だが、これは、水のせいではないか、と。 それを聞いてひらめいた私が È forse grazie al volcano というと、Si, Vesubio と言った。山梨県の水と言った感じなのだろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無意味

8年ぶりの日伊学院、レヴェルチェックを受けさせられる。 14年前に習った Giovanni (Amoretti) 氏が出てくる。ひとしきり話した後で Ti conosco e il level check è inutile!  君のことは知っているから、レヴェルチェックしても意味がないね と言われる。結局…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇円

ラジオ深夜便で、シエナに住む日本人が、イタリアのピッツァ市場は一兆円規模で、日本で言うと、医薬部外品市場と、出版業界に相当すると言っていた。驚く。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Non lo so

イタリア人の苗字、名前は、-i で終わっていることが多い。複数形である。なぜなのか: Giovanni, Gucci, Ferri, Armani, Vivaldi, Colerri, Donuzetti, Puccini, Verdi. 今月から、また8年ぶりに、日伊学院の会話クラスに通うことにした。講師の Giovanni …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雑把

イタリア語を習っていたとき、アクセント記号について、ナポリ人女性のダニエーラという教師に、尋ねると、手書きだと、caffè でも、caffé でも区別できないから、気にしなくていい、と答えた。私は違うが、このいい加減さ、大雑把さがたまらない、というイタリア好きもいるのだと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パスタとスプーンについて

イタリア語を習っていたとき、ダニエーラというナポリ人だったが、パスタをスプーンを使って食べるのは、Solo bambini 幼児だけ、と言っていた。それ以来、スプーンの上で巻くのはやめている。そもそもパスタは大量に食べる主菜でなく、前菜である。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリアについて

四年の学生が何人も連れ立ってイターリアに行くという。いろいろと、予約のディテールを英語でどう記入したらよいか尋ねられる。自分でやりたまえ、と突き放すのは、この場合は愛情ではないと思って、懇切丁寧に、しかし、適当に教える。私はイタリア行ったことがないのだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピッツァについて

イタリア語は10年ぐらいやっているが、イタリアに行ったことがない。 行く予定も今のところない。 だから、よくわからないのだが、きちんとしたイタリアのリストランテに、ピッツァはあるのだろうか。ピッツァは、ピッツェリアという別種の店があるはずだ。 私は、パスタよりピッツァが好きなのだが、今では、すっかり舌が肥えてしまい、原則と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

須賀敦子について

いまさらながら 須賀敦子 『ミラノ 霧の風景』 を読む。すると、とまらなくなって、すべてのエッセイを集めてしまう。 新書は字が小さいくて辛いので、古書店から届いたオリジナル版でゆったりと眺める。 一部にコアなファンがいる、と称される須賀だが、たしかに、大衆受けするには、格調が高すぎる。しかし、静かな文体は穏やかな悲哀をたたえ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マッテーオ・インゼオについて

NHKのイタリア語講座にずっと出演し続けているマッテーオ・インゼオというイタリア人がいるが、なかなか芸達者である。 歴代のイタリア人で唯一残っているのも彼だけで、たぶんスタッフ受けする性格なのだろう。女装させられたり、豚の格好をしたり、ひどい目にも遭っているのだが、俳優志望らしいので何でもするのだろう。 数年前、彼のアパート…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

レンジでパスタについて

レンジでゆでるパスタクッカーを使う。ドイツ製の高いパスタ鍋?は、中に水切りがあって、洗うのが面倒なため、1年以上放置したままだ。 説明書には600wで18分から23分などと大まかなことしかかいていない。しかもうちのレンジには600wがない。16分にしてみると、うどんのような、のびて惨めなパスタができた。 翌日、10分にすると…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

女王陛下と首相

バッキンガム宮殿で 先日 先進国と新興国の経済サミットのメンバーが招待され、記念撮影を行った。 撮影が終わった瞬間、イタリアのベルルスコーニ首相が、Mi-ster. O-ba-ma- とまるでオペラの台詞のように、かなり大きな声で言った。すると、エリザベス女王が、ふりかえって、白手袋の片手をあげ、 perche devi u…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バリスタのすごさ

NHK「テレビでイタリア語」を見ていて驚く。「バール」の紹介だったのだが、珈琲の注文が尋常ではない。台本のあるスキットだったのか、自然なままを撮影したのかわからないが、どうも後者らしいカメラの位置だった。 薄めで冷たい牛乳を少し入れてください 濃いエスプレッソに牛乳を二三適たらしてください あたりはまだいいが、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミステリオーゾ

数年ぶりに会ったイタリア人教師と話していると tu sei sempre misterioso 君はいつもよくわからない人間で みたいなことを言われる。授業中にはいわなかったのに、今更のように言われるのは面白い。何考えているのかわからない、と日本人にも言われ続けてきたが、イタリア人に言われると、嬉しさもひとしおである。万…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more