正月の楽しみについて

実は昔から正月が好きではない。良く理由はわからないが、たぶんすべて日本的なことが面倒なのだという気がする。

占い師にも、私だけは家族の中でよそよそしい感じになると言われ(よくわからないのだが、私のみ、違う「系統」の星らしい)、まさにそんな感じがする。しかも、なんの学びが知らないが、私が、生前に選択して、そうなっているらしい。 輪廻転生は不可思議である。

今も誰もいないカフェサンマルクで1人中国語を暗記し、ラテン語の格言を読んでいる。毎年、実家へは、行かないか、1時間ぐらい立ち寄る程度である。

正月は、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートだけが楽しみである。昨年はウィーンの現地で楽友協会ホールを見学し、しかも迷ってさまよい歩き、楽屋口から出てしまった。話は逸れたが、要するに、日本的な正月は苦手である。できれば、台湾とかハワイで過ごしたいものだ。



"正月の楽しみについて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。