怖くて作れない

ダイナースの主催するバーゲンは伊勢丹が出品している。そこで作ったスーツのジャケットの仕上がりがひどく、昨日、3回目の足を運んだ、が、まだ、肩に凹凸が見えている。肩パットが大きすぎたというのが発端なのだが、直せば直すほど変形していくのは不思議である。私は無茶なクレーマーではない。

どういう指示を縫製に出しているのだろうか。伊勢丹に対する信頼はゼロになったが、世間のメンズ館の評判を当てにしたのが間違いだった。メンズ館のどこがいいのだろうか。店員がイケメンだというだけではないのか。

知り合いのOLに尋ねると、個別に対応するなど、売り方が上手いだけで、オーダーとかは別問題だと答えた。たしかにイージーオーダーというのは、「イージー」だから、軌道にのるまで(2、3年)ミスが起こりやすい(ボタンの色違い、寸法のずれ、指示の聞き忘れ)。しかし、3回失敗することはなかった。三越などは、ラベルのつけ違いという些細なミスでも、家までわざわざ店員が届けに来たぐらいである。

3回も呼びつける伊勢丹とは大違いで、さすがに、今となっては、三越は老舗だと思う(同じグループになってしまったが)。東急も高島屋もまともだ。最後に残ったのがISETANだったのだが、またやるのではないかと思うと、不安で二度と作れない。

"怖くて作れない" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント