豚汁のむずかしさ

豚汁、というものを初めて作る。とても大変な料理であることがわかった。今更ながら、母親に感謝の念がおこる。

まず、ごぼうは泥だらけで、うっかりまな板におくと、まっ黒になる。これを「たわし」でこすり、水に5分さらす、とレシピに書いてある。ごぼうに泥がついていることを初めて知った。

こんにゃくは熱湯でゆでて、ざるにあげる、とあるが、鍋が一つしかないので、てんやわんやになる。

にんじん、大根はイチョウ切り、とあるが、よくわからないので、半分に切って、輪切りにしてしまう。どうせ人に出すものではない。長ネギを1センチ幅に切って、味噌を入れてから、いれる、と複雑怪奇である。

よく野外で出されたりしたものだが、こんな面倒くさい料理だったとは驚きである。しかし、野菜が本当に多く取れる。野菜がなぜ体に良いのか、よくわからないし、本当によいのかどうかわからないが、なんとなく、よいことをした気になる。

"豚汁のむずかしさ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント