ゼロについて

アラビア数字というが、あれはインドの数字で、アラビア語ではインド数字と呼ばれている。

左←右へ書くアラビア語も、数字だけはインド式に、左→右である。

「ゼロ」もインドの「発明」というが、どういうことなのか。オックスフォード、ボードレイアン図書館所蔵のインドの写本に「⚪」の形が出てくるらしい。添付画像の黒い丸がそうである。

999と1000は1の違いだが、5と6とは違う。99歳も100歳も同じようなものだが、5歳児と6歳児はかなり知能も違うだろう。

まして、0と1の差も1ではあるが、量的だけでなく、質的に天と地の差である。

有と無、ゼロか、ゼロでないか、だ。

やや誇張すると、ゼロの性質に比べたら、2も100と同じようなものと言えるのではないか。2も100も、ともに「有」のカテゴリーに入るのだから。



画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック