ニックネームについて

中国人、台湾人が、英語の名前を持っているのはよく知られている(例、張國榮が、Leslie Cheung)。

タイ人も、必ずニックネームを持っているが、Panichtamrong Peemapol とか、Udompanich Krittapak など、本名は長くて発音できないから、当たり前である。

なぜあんなに長いかというと、どうも、彼らには、長い方が立派に見えるらしい。

そのニックネームも親がつけるようなのだが、Peak、Book、Copter、Seed とか、英語が多い。

日本人も、単音節の名前はめったにないから、覚えてもらいにくい。単音節が多い欧米人のスタンダード(John, Ben, Tom)に合わせるのは、ちょっと悔しいと私としては思ってしまうのだが、そんなことを気にしないのが、日本以外のアジア人のしたたかさである。

私がつけるなら、この夏イタリアへ行ってから、なぜか、オッタヴィアーノ Ottaviano という名が頭を離れないから、これにしたいが、そうすると、本名より長くなってしまうので意味がないだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック