チャンスとは

Deliberando saepe perit occasio.

「熟考しているうち、常にチャンスは逃げてしまう。」


ローマの劇作家、プブリリウス・シルスのことばだが、これは、前回の投稿の名言よりも、すごく良くわかる、とはいうものの、実体験がない。

チャンスを逃した、という実感がないのだ。よく、霊能者に、あなたは気づいていないだけです、と言われるが、逃すどころか、チャンスが来たことにさえ気づいていないらしい。どうにかしたいものだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック