ノイマンさん大慌て

ヨーロッパで、最も印象に残った飲食物は、なんといっても、ウィーン芸術歴史博物館のカフェにあった、ディキャフェの「大慌てのノイマンさん」である(,,Überstürzter Neumann")。イタリアの食べ物はすべて日本にもあったし、しかも、日本の方が美味しいこともある。

この「大慌てのノイマン」は、あまり訳に自信がないので、ドイツ語の先生に聞いてみたいが、調べると、このカフェは、実は、市内の老舗が経営しているらしい。

だからこんな珍しいメニューがあったのだろう。日本には絶対にないメニューだと断言できるが、どうにかメニューに加えてもらえないものか。東京より、神戸とかのほうがやってくれそうな気がする。

詳しくはわからないが、「甘くない」クリームに、ダブルエスプレッソを上からかければ出来上がるように見えた。 甘くないクリームは日本にないし、ディキャフェのエスプレッソもスタバにあるだけだ。


https://www.youtube.com/watch?v=Kau3uoLw-0g

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック