変えられるルールについて

将棋とか野球とかは、人が決めた規則の中で、選手や棋士が脂汗や冷汗をかいている。

逆に、数学とか物理は、人知の及ばないところで研究しているが、スポーツのように、人が人工的に作ったルールで競うのは気の毒になってしまう、つまり、必然性がない。ルールは変えることができる。地球や天体の運行、物理法則は変えられない。

将棋で、例えば、好きな時、一回だけ、二度続けて指してよいというルールにすると、プロでも、素人に負けかねないという。

ルールを変えるとぐちゃぐちゃになる。しかしそのルールに必然性はない。変えられる。そこに縛られている人たちが可哀想に思えてしまう。しかし、物理学者が現象に縛られて苦労しているのはまったく気の毒ではない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック