アジアはバラバラ

сегодня シヴォードニャ というロシア語が、心に響く。

単に「今日」という語である。語源が気になるが、ceго は「この」、дня は「日に」(属格)らしく、フランス語の、aujourd'hui 「日に+この」、イタリア語 oggi < ラテン語 hōc die 「この日において」と同じような構造である。

ロシア語、つまり、スラヴ語といっても、やはり、ヨーロッパなのだ。アジアとは違って、一枚岩感が強い。アジアはほんとうにバラバラである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック