スーパーにて



外国文化を知りたいなら、スーパーに行くのがよい。

ホテルと美術館、博物館、大学の往復では知識が偏ってしまう。スーパーには、その国民の本音が出るもので、例えば、イタリアのスーパーには、トマト味、生姜味、あと何かわからない変な味のポテトチップスが揃っている。

他にもわけのわからない食品があって、こういうものは、ナヴォーナ広場とかの観光地では見られない。袋も日本のように切れ目が入って開けやすくなっていない。日本が消費者にいかに親切なのかがこれだけでもわかる。

しかし、スーパーのレジでも、英語で話しかけられてしまったから、外国人も来るのだろう。

話はそれるが、たいてい英語で話しかけられるので(英国人に見えるからに違いない)、こちらはムキになってイタリア語で話している。実践練習だと思いながら。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック