ローマのタクシーについて

ロンドンからローマに移動する。

ホテルはテルミニ駅から地下鉄でふた駅だが、ふと、この重いスーツケースを運べるか、と深夜、覚醒して考える。

エスカレーターがないととても無理。ときどきスーツケースをもって階段を強行登頂する人がいるが、あんなことができるのは屈強な若者か、西洋人だけだ。

下手なイタリア語メールでホテルへ問い合わせると、やはり階段しかなく、スーツケースでは無理だから、タクシーを勧められる。

しかし『地球の歩き方』によると、ローマのタクシーはいろいろとひどいらしい。10分の距離を行ってくれるかどうか。

ある人は、数分なのに、€20 請求されるから、ダ・ヴィンチ空港から乗ってしまった方がいいと言う。

私の周りでイタリアへ行った学生はかなり多いが、こんな大変な思いをしたというのは聞いたことがない。ただ、言わないだけなのか。

結果として、タクシーの運転手は、無愛想だが、値段を釣り上げることもせず、とてもまともであった。そして、こちらから聞けば、あの城壁は、マルクス・アウレリウス帝時代のものだ、などと教えてくれる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック