漢字について

漢字には、簡体字、日本の漢字、繁体字と、3種類揃っていることがあるが(1種類しかないこともある:「中」とか)、必ずしも簡体字から簡略な感じを受けるわけではない。

サクラは、樱、桜、櫻となるが、簡体字と繁体字がむしろ似ており、日本の字が簡略に見える。

しかし、「犠牲」の「ギ」は、牺、犠、犧で、これは繁体字と日本の字が似ている。

という具合で、システマティックには整理できそうにないのが、いっそう面白いところである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック