羅競老師語録

罗竟老师语录





太極拳を習得する順番は

(1)形
(2)姿勢
(3)足裏の重心




「太極」という表現は『易経』に初めて出てくる。変化の本である。

太極図、雲がデザインされるのは、白から黒、というように、常に変化するからである。




画像






48式

转身推掌
の最後、左足は、つま先


玉女穿梭
は、ずっと左手を右腕につけたままにしない(=固い)。手首から、肘へ流すように。変化させる。




太極扇

扇を開くとき、たたむとき、圆(yuán=円)をイメージする。



2独立反刺 dúlìffǎncì
の後、左足を内側に入れる。



6独立抡劈dúlìlūnpī
にあたるところ、右手の扇を後ろへと開き、閉じて、上向きに立てる、できるだけ、腕は動かさない。





-----------------------

たしかに、『易経』の英訳は、The Book of Change であった。太極拳は実に奥深い。

スビリチュアルな占い師に、過去生で、日本人なのに、中国へ行って、『易経』を使っていたと言われたことがあった。選択に迷ったとき、時々自分で占うこともある。筮竹でなく、サイコロを使うけれども。









この記事へのトラックバック