卒塔婆小町

三島由紀夫の『近代能楽集』より、「葵の上」と「卒塔婆小町」。

観たのは2回目だと思うが、なんともいいがたい。曰く言いがたい。

美輪先生が、鹿鳴館の場面で、ハチャトゥリアンのワルツを踊ることなく、大きな扇を優雅に扇いでいらっしゃったのが、なんとも大物感を出していて面白かった。昔は軽快に踊っていた。

演出も照明も衣装も彼が自分でやっているから、どうにでも変えられるのはすごい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック