ヴェトナムコーヒー

カフェ・サンマルクには「ベトナムコーヒー」というのがあって、昔は毎回これを頼んでいた。

ここ1、2年、カフェインが駄目になってからは、「ココア」とか、情けない「ゆず茶」などにしている。ベトナムコーヒーは強力で、飲むと、本の内容はガンガン頭に入るし、短歌はバンバン浮かんできて、気分は明るくなるしで、いいことだらけだった。

いま飲めなくなってから気付くと、あれは、一種の合法な薬物だったのではないかとも思えてくる。普通のコーヒーとは明らかに違っていたから、カフェイン以外に何か入っているのだろうか。



画像


この記事へのトラックバック