羅競老師語録


罗竟老师语录




起势

手のひらは後ろに向けない。バランスが悪くなる。



48式

穿拳下势

「二回」。
両腕を伸ばし、拳をつくり、左拳を左腰のあたりにおき、そして、右ひじの下に入れ、左腕で右腕ごと左へ払う。



24式、野马分鬃(だけでなくすべて)
「抱圆」はだめで、「抱球」bàoqiú 。
立体感をもたせる。平面の太極図にとらわれすぎず、ボール、立体のイメージを抱く。





(1)左手の扇の人指し指を外し、(2)その部分を、右手で握る。(3)右手を返し、扇を開く前、左手は右手首の時計を見るように、肘へずらす。

扇を開くときは、手首を動かさない。



-----------------------------


新しい人が入ってくれたおかげで、老師が中に入ってくれるので、良い復習になるのはありがたい。じっと観察しながらやってみると、細かいところが全然老師の動きと違っており、心の中で愕然とする。放つ気配、オーラも全く異質の世界で、改めてすごいと思う。









この記事へのトラックバック