火気厳禁について

国会に出される法案とも関係があるらしいのだが、研究室の喫煙が禁止されるらしい(私はもう吸わないが)。これは、喫煙者が退職したあと、新しい教員が入ると、臭くて使えなかったり、茶色に変色した壁のクリーニングのための費用がかかるせいらしい。

驚いたことに、タバコだけでなく、火気厳禁ということで、香を焚いてもだめだという。役職者の間では、真っ先に私のことが話題になり、中村先生はどうするんだろう、と言い合ったという。それなら、お香は例外にしてほしいものだ。

邪気のこもった場所は聖水か香でないと祓えない。経や祝詞を奏上しても良いが、時間がかかる。

ミサでは必ずモクモクと煙を出して邪気、良くないエネルギーを除去する。料亭でもきちんとした所は玄関に香炉が置いてある。

しかし、火気というのであれば、研究室はとっくに、よく美容院とかにおいてある、フランス製、液体のお香に変えてある。邪気は悪臭に近づくので、別に煙はなくてもいいのではないか、といいきかせる。


https://youtu.be/mL3TERJXDYw

この記事へのトラックバック