村上漢方はり療院

明大前、村上漢方はり療院。

私:ぎっくり腰で。。

村上先生:まあ、昨日は人の身、今日は我が身。何があるかわからないですなあ。

私:はあ。実はここがお休みでしたので、別のところへ行ったんですが、効かなくて。

村:あー、そうですか? 恵比寿でやってるところですかな?

私:えっ、すごいですね、なんで分かるんですか??

村:まあ、だいたい分かりますよ。何かグキッときっかけがありましたか?

私:ええ、カーテンを引いた時、ちょっと。

村:そう? はい。脈を診ますね、(小声で)うーん、ちょっと違うなぁ。

私:はあ。

村:真ん中ですか? 右、左どちらかが痛い? 前かがみが痛い?

私:えー、真ん中ですね。そうです、顔が洗えなくて。。膝をついて片手で洗っています。

村:うーん、かばいながらね。。はい、脚を失礼します、、、では、ゆっくりうつ伏せてください。入浴はしないでください。シャワーならいいですが。悪化しますから。

私:はあ。

村:ここも痛みの原因ですな、左右、真ん中が痛いようだけれども。はりを張っておきますね、神社のお札のようなものです。段々効いてきますから。冷や酒と親の小言ですな。

私:はい。

村:A先生はお元気ですかな?

私:あー、ええ、元気そうにみえます。

村上夫人:仲間と熊野古道を歩いてきたんですけど、60代、70代でしょ、2倍時間がかかっちゃって。

村:何言ってんだ、ノアなんて箱舟に乗ったとき、500歳なんだから、まだ、その半分もいってないよ。

私:(笑)、、では、また、土曜日にお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック