音楽(室)

イタリアには、日本のように、楽器をクラス全員が練習するような音楽の時間はないという。なんでみんなハーモニカをひくんだ?と聞いてきた。ワックスくさい、バッハやベートーヴェンのいかめしい肖像画が貼られた音楽室が浮かんでくる(ロッシーニ、ヴィヴァルディ、ヴェルディとかイタリア人が貼られていないのは軽薄に見えるからだろうか)。

結局、明治時代の「脱亜入欧」をまだ引きずっているのだと思う。西洋音楽は教養であり、素養を持つものだ(時代遅れの民法も明治を引きずっているらしい)。

イタリア人がヴァイオリンを学校でやらないのは、日本の音楽の時間に、三味線や琴や尺八を教えないのと同じことだ。

ちなみに講師のジョヴァンニによると、イタリア人にも音痴がたくさんいるそうだ。信じがたいが、イタリア人はみんな歌が上手いというのはステレオタイプの考えだという。






#ロッシーニ #ヴィヴァルディ #ヴェルディ #イタリア #音楽 #西洋音楽 #三味線 #琴 #尺八 #ジョヴァンニ #giovannni #脱亜入欧 #音楽室 #ワックス #肖像画 #バッハ 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック