Paul Stuart

アメリカのユニクロともいうべき、「ランズエンド」では、ローテーションが厳しくなり、ジャケットを探す。

家に「ポール・ステュワート」というブランドのジャケットがあったのだが、これを着ていくと、生地の評判がよい。

東急本店で、そのショップに行き、探すと、いい色がある。

今頃は気持ちが大きくなっているから、節約すべきなのだが(必要なのか?本当に?と自問すべきである)、どうしてもあと一着必要なのだ。

ちらっと値札が見えて、126,000と書いてある。えっ?!まあ仕方ないか、と諦めて買う。十数年、定年まで持ってくれれば元は取れるだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック