変わらない声調

中国語のデジタルな感じ。個々の字の声調が、二語でも三語でも維持されることが多い。留 liú と 学 xué と、生 shēng を組み合わせても、留学生 liúxuéshēng 。

これは国家の規則としてこうなっているのか。それとも歴史的にこういう、声調不変の法則というものがあるのか。

一方、日本語は、学+生の場合、「学」単独のアクセントと、「学生」の「学」のアクセントは違っている、というか人間の心理から言って、環境に合わせて変わるのが自然で無理がないと思うのだが。もっとも、「学生」の場合、中国語も「生」は軽声に変わるけれども(学生 xuésheng)。

しかし、学習者の立場からすると、声調は、もちろん、変わらないでいてくれた方が助かるのは当然である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック