仕事始め

仕事始め、というのか、秋学期の初日。5限だけだから気が楽な気もするが、上島珈琲店でいつもの席に座っても、やはり心の自由度は下がっている。

これが、小休止(冬休み)を挟んで、来年一月終わりまで休みなく延々と続くのは、けっして嫌ではなく楽しみだ。

今日、授業はあるが、世間は休日らしいのも面白い。昨今、大学は、国の休日を守らず、授業を敢行するのだ。なにかの法律にふれないのかと思う。

お前はもうさんざん休んだだろう、と言われるかも知れないが、「休暇中」は、イタリア語、英語、中国語を朗読し(始めたばかりの中国語は100回読んだ)、太極拳の理論書を何冊も読み(これまでの5年間、丹田や気の流れを意識していなかったことを学んだ)、懇親会に出て、カフェで中国語を暗記し、Logan Pearsall Smith を読み、歌稿とエッセイの原稿を推敲し、毎日惣菜を買い、食べ、ツイートをこのブログへ敷衍し、ゼミナール合宿でスイカを割り、犬猫と戯れるなど極めて多忙だった。あまり休んだという気がしない。

ところで、ジェンダーセンター主催(らしい)Meiji Ally Week (https://readyfor.jp/projects/MEIJIALLYWEEK …)のファッションショーがあるという。大いに勇気を讃えたい。いい時代になった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック