担当者について

試験の答案用紙には「担当者」という欄がたいていの大学にある。採点していると、いくつかのパターンに分かれていることがわかる。

(1)空欄にする学生

(2)山田と書く学生

(3)山田太郎と書く学生

そして

(4)山田太郎先生と書く学生

(5)田中など間違った名前を書く学生

がいる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック