体重をはかるべきではないか

上島珈琲店。80kgはある、ふくよかなオペラ歌手みたいな女性がすぐ左に座る。扇子で暑そうに扇いでいる(店内は寒い)。

彼女が取り出した本を横目で見ると、背表紙には、『人生が輝くロンドンなんとか』と『乙女のロンドン』と書いてある。成田空港の案内図を読んでいるが、この体躯では重すぎて、成田で超過料金を払わさせるのではないか、と心配になる。

というのは、信じられないかもしれないが、27年前、ヒースロー空港で、スーツケースの重さが数kg 超過していた時、チェックインカウンターで、私の体重は51kgしかないから、その分荷物は重くていいじゃないですか!と主張したら、通ってしまった経験があるからだ。なぜ、カウンターの重量検査は、荷物+体重にしないのか、と不思議でならない。今は、どうみても太ったもの勝ちになっている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック