不思議な老人

浦和まで行って、ホームへ降りようとすると、太った老人がドアの真ん中をふさいで立っている。押しのけでもしないと降りられない。この人の心の中はどうなっているのか。

まさか降りさせてなるものか、とは思っていないはずだ。たぶん、早く乗り込みたいとしか考えていないのだろう。不思議な気さえしてきてしまう。もう一度いうが、狭いグリーン車の扉のど真ん中に平然と立っているのだ。

降りる方が先です、などと恥ずかしいアナウンスがあるのは、先進国では日本だけだろう。海外で聞いたことがない(というか事故でもないとアナウンスはない)。降りる人が降りないと乗れませんなどとわざわざ言わなければならないとは!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック