(ド)レミファソラ(シド)

レミファソラが、ラテン語の聖歌の語頭音であると昨日、知った。ドはあとで(ut から)変えたらしい:


re-sonate, mi-ra, fa-muli, sol-vere, la-bii


小中学校で、音楽の時間、なんで、ドレミファというんですか?という質問が出なかったのが不思議である。というか、私も疑問に思わなかった。言われたまま暗記というのはほんとうに情けないことである。

しかし、ラテン語なのだから、これを小、中学生に説明するのは至難の技だろう。昔の聖歌の(先生、聖歌ってなんですか?)、昔の言葉(先生、昔っていつごろですか?)の、頭文字を並べた、といえば、少しは説明になるだろうか(先生、なんで頭文字なんですか?)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック