役職者について

入学手続き者が予想より多めらしい。教室が足りなくならなければよいが。

いちおう役職者として、何点で切るかという会議には出ていたが、あれは職人技らしく、よく仕組みがわからなかった。

役職の長い人は、あと100人は積むだろうなどと言っている。なぜそんなことがわかるのか不思議だが、経験だろう。

こういうアドミニストレーションばかりやっている人は研究をしていない。教育もあやしい。適材適所だから仕方がないが、いつか、役職に向いているんでしょうね、とある役職者に言ったら、俺だって文学者なんだ、と怒っていた。論文は書いていないのに、変なプライドがあるものだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック