ブルーと茶

どうしても、町でよく見かける、紺にブラウン系の靴という会わせ方が好きになれない。

まあ、無理に好きになることはないのだが、実用上、黒の靴がローテーション的にきつくなることがある。黒は二足しかないのだ。そういうとき、ブルー系のスーツなのに、ダークな茶の靴、と一瞬思うが、だめだめ、と思いとどまる。一日中、足が浮いたような感覚になってしまうだろうから。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック