ブルーと茶

どうしても、町でよく見かける、紺にブラウン系の靴という会わせ方が好きになれない。

まあ、無理に好きになることはないのだが、実用上、黒の靴がローテーション的にきつくなることがある。黒は二足しかないのだ。そういうとき、ブルー系のスーツなのに、ダークな茶の靴、と一瞬思うが、だめだめ、と思いとどまる。一日中、足が浮いたような感覚になってしまうだろうから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック