ヒーラーとしてのイエズス

聖書は卒論の資料として使って以来、けっこう断片的には読んでいる。ただし、言語学的に。

きのう、初めて、読み物としてマッテオの福音書を読み始めたが、今の私に興味深いのは、イエズスのすごいヒーラーぶりだ。

さわっただけで、また、手を伸ばせ、と言っただけで癒している。極端な場合、女がイエズスの衣にさわっただけでヒーリングされている。

ハリー・エドワーズがイエズスに次ぐヒーラーと言われていたが、差がありすぎる。今のヒーラーにこんな人はいない(と思う)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック