店主の息子

地元のネパール料理店。少年が座ってiPadを見ている。店主の息子だろう。頭が良さそう。理系に行くかもしれない感じ。愛嬌のある顔で、いじめられたりしそうにない。微妙な言い方だが、イケメンと呼んでもおかしくはない。

帰りがけ、何歳?とネパール人の母親に聞くと、Twelve と答えた。今日は、当初、別の飲食店に行こうと思っていたのだが、執拗に行かない方がいいという気配がして、この店に来たのだが、この少年と会わせるためだったのか、と納得する。

He looks very intelligent. He'll make a lot of money! と言い残しておいたが、英語の苦手そうなネパール人夫婦に通じたかどうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック