「安易なオーダー」について

イージーオーダーで作ったスーツが、ときに、既製品より着心地が良くないことがあるのは不思議である。

冒険をして、セールのとき、「ユザワヤ」であつらえてみたが、やはり生地屋なので、生地には面白いものがあるが、縫製が不正確な感じ。我慢して着ていたが、耐えられなくなって修整を依頼する。

襟の後ろが浮きあがっている。既製服でもここが浮くことはないやろ、ちゃんと仕事せんかい、われ!と、銀座店の店員に、しごく紳士的に柔らかく抗議する。

まあ、百貨店でも、失敗することはあるが、引き寄せてしまっているのか。こういう現象もこちらに原因があるのか。

イージーではなく、完全なオーダーメイドのスーツを着ていた同僚の先生がいたが、見るからに窮屈そうだった。きっと身体にフィットしすぎているからだろう。それをみて以来、大まかなイージーオーダーの方がいいのではないかと疑っている。しかし、襟が浮き上がっては、どうしようもない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック