どこで線を

「女性に対する暴力はダメ!」などと内閣府の新聞広告がある。なぜ女だけなのか。事件数は少ないだろうが、男やトランスジェンダーなどに対する暴力も許されない。要するに、人、また、にゃんこへの暴力も許されない。

ある市では、年間2000数百匹が殺処分されているという。かわいそうでしかたがない。フラメンコダンサーの長嶺ヤス子やフジ子・ヘミングが、捨てられた猫を何十匹も飼育しているのはすごい。

では、ネズミ、爬虫類、虫、植物はどうなのか、という疑問が生じる。進化の段階に応じて暴力をふるっていいかどうかが決まるのか。どこで線を引くのか。人へ害を及ぼすかどうかなのか。私は虫もぜったい殺さない(ように努力する)が、知らない間に踏みつけていたりするかも知れない。しかし、肉は食べるのだから、矛盾している。僧侶などは、不殺生戒とは、無駄な殺生をしない(必要なら肉食してよい)、と言っているが、それでいいのだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック